栃木の矯正歯科はおだいら矯正歯科 宇都宮市 日光市 鹿沼市の矯正は当歯科医院へ

おだいら矯正歯科 外観おだいら矯正歯科 外観02



028-650-7150

矯正治療についてよくある質問

Q.子供の矯正治療は何歳頃に始めるのがいいですか?

A.大人と子供の矯正治療の一番の違いは、子供の矯正治療は土台(骨格)から治せるということです。小さい骨を大きくなるように誘導したり、逆に大きな骨がなるべくそれ以上大きくならないよう、抑制することができます。これを準備矯正と言います。準備矯正をおこなうことで、永久歯になってから、歯を抜かないで治療が可能になったり、中には永久歯になってからの治療が必要なくなったりすることもあります。
治療を開始する時期として、骨は年齢が若いほど柔らかいですから顎の幅が小さい場合などは小さい頃のほうが有効です。ただし、あまり小さなうちに装置を使うのも可哀相ですので、その子にとっていつごろが装置を使えるか、また装置を着ける期間が短くて済むかを見極めなくてはなりません。
検査をすることにより成長の時期やどこをどうしなければならないかがわかりますので、その子にあった治療方針を(時期、装置等)立てさせていただきます。
負担の少ない最善の方法を提案させていただきますので安心してご相談にいらして下さい。

Q.装置を付けている期間や通院ペースを教えて下さい。

A.治療期間はケースによりますが、準備矯正は6〜12ヶ月、永久歯の治療は約1年〜2年半です。永久歯の治療後は保定期間にはいります。保定期間とはリテーナーというきれいに並べた歯が戻らないように押さえておく装置を使い、歯をその位置に安定させることです。この装置は取り外しが利きますので、徐々に使用時間を減らしていきます。(最初の半年間は1日20時間、その後の半年間は12時間、またその後の半年間、8時間など)。保定期間も約2〜3年はこちらで診させていただきます。
通院するペースですが、装置装着中は1ヶ月に1回程度です。また、遠方の方やお仕事がお忙しい方でどうしてもそのペースでいらっしゃれない方は1ヶ月半〜2ヶ月に一回の通院でも治療は可能です。

Q.目立たない装置、出来れば見えない装置での治療は出来ますか?

A.従来の金属(メタル)の装置に加え、セラミック材質を使用した透明の装置があります。また当院では、歯の裏側の見えない装置(リンガルアプライアンス)を取り入れておりますので、人前に出るお仕事の方や見た目を気にされる方には特にお勧めです。

Q.金額が気になります。分割でも支払い可能ですか?

A.準備矯正と大人の治療、または装置の種類によって違いはありますが、予算が……という方のために、トータルフィー(定額制)を導入しています。あらかじめ総費用を決定いたしますので、例外(装置紛失・破損)を除いて追加料金は一切ありません。なお長期分割が可能でクレジットカード(VISA、マスターカード)も使用できます。

Q.現在50歳です。これからも自分の歯を大切にしたいので、矯正を考えていますが……。

A.ご自分の歯があり、骨がある程度健康であれば何歳になっても治療可能です。きれいな歯並びにすることによって、ブラッシングしやすくなり虫歯や歯周病予防になります。しっかりと噛み合わせることによって歯の寿命が長くなることも期待できます。

Q.痛みがあるのかどうか心配です。また、ずっと続くものなのか教えて下さい。

A.痛みには大きく分けて2種類あります。1つは歯が動く痛みです。個人差がありますが、装置を付けて1〜2日は多少の鈍痛、または違和感がありますがそれも徐々になくなっていきます。どうしても我慢できない方は装置を着けたときに鎮痛剤をお出ししますので、それで対処していただきます。
2つ目は装置が唇や舌に当たる痛みです。これにはやはり装置を着けた時にお出しする、ぶつかりそうな部分にかぶせるカバーと口内炎用のお薬で対処していただくことになります。
痛みがあっても今までそれで装置を外された方は一人もいらっしゃいません。必ず慣れますので、ご安心下さい。