栃木の矯正歯科はおだいら矯正歯科 宇都宮市 日光市 鹿沼市の矯正は当歯科医院へ

おだいら矯正歯科 外観おだいら矯正歯科 外観02



028-650-7150

部分矯正治療

当院で部分矯正治療を適用する患者さんは、基本的に以下のケースになります。

1:子供の準備段階での矯正歯科治療
2:以前矯正歯科治療をやった経験がある方の後戻り症例
(後戻りの程度によります。)
3:歯周病治療のために必要な矯正歯科治療や、ブリッジ、入れ歯、インプラント等補綴処置を行う際の前処置など、一般歯科の先生から依頼があった場合。

逆に上記以外の場合は、基本的に部分矯正では治療できないと思ってください。

部分矯正というのは問題がある歯及びその付近の数本の歯にのみ装置を付けてその部分の問題だけを解決する方法です。
以前からメールでの矯正相談で「部分矯正で治せますか?」というご質問をたまに受けます。
もちろん一部だけしか装置を付けなければ違和感や矯正による痛みも少ないですし、費用も抑えることができます。
ただ、特に成人の矯正歯科治療において部分矯正で治療できるケースは本当に限られています。
皆さんも想像してみてください。例えばでこぼこをきれいに並べる治療をする場合、でこぼこを治すためには並べるための隙間が必要です。隙間を作るためにはその両脇の歯を横にずらさなければできません。両脇の歯を横のずらすということは、そのまた横の歯をずらさないと隙間は作れません。そのように考えていくとどうしても全体的に装置を着けないといけないことになります。また、矯正歯科治療の一番の目的は「かみ合わせ」を治すことですので、上がきれいに並んでも下の歯並びが悪ければ咬み合いませんし、上の歯を移動して並べたところに咬ませていく治療が下の歯にも必要になります。これはでこぼこを治す場合だけではなく、出っ歯や受け口を治す場合も同じことです。
要するに「大人の患者さんの場合、自分が気になるような問題点のほとんどは部分矯正だけでは治らない。」とお考えください。

部分矯正治療例

症例1 歯周病で前歯が抜けてしまった隙間を利用して他の歯を並べた症例
(一般歯科の先生からの依頼)

治療前





治療中





治療後





症例2 下顎前歯の後戻りを再治療した症例

治療前





治療中



治療後