▼ 会長挨拶

公益社団法人浅草歯科医師会

会長 蛯谷剛文



こんにちは、浅草歯科医師会へようこそ!



 浅草歯科医師会が、社団法人より公益社団法人になり早1年が過ぎました。初代の亀澤執行部に続き昨年の6月より、新執行部になり1年がたち2回の総会を経験しやっと新執行部全員が浅草歯科医師会の各部署の仕事内容が把握できるようになりました。

 浅草歯科医師会の最大の事業は、6月の「歯と口の健康週間」に浅草公会堂で行われます「公衆衛生事業(歯の無料健康相談、歯磨きの実技指導、台東区小中学生による標語・絵・ポスターの選考展示など)」です。理事並びに公衆衛生委員会が1年間かけて準備を重ね、会員の大多数の参加により、より多くの区民の皆様に、歯と口の健康の啓発活動を行います。そこには歯科医師会だけではなく、区役所の衛生部、教育委員会、各公立小学校・中学校の校長先生、養護・美術教諭をはじめ多くの児童生徒の方々、応募いただいた区民の方々に参加いただき盛大に行われました。毎年いらっしゃる区民の方々も多く、多くの区民の皆様に楽しんでいってもらっています。

 また、直接区民の皆様方には「歯科基本健康診査」を通じて、歯と口の健康の大切さ、「かかりつけ歯科医」の重要性を理解していただいています。

 三ノ輪の口腔保健センターにおきましては、要介護の方々の口腔ケアを指導お手伝いすることによりQOL維持向上をめざし、各老人福祉館に於いては「元気老人の口腔ケア・機能向上運動」などを行い地域の健康寿命の延伸の一部を担っております。

 歯科医師会内では、学術講演会、地域医療研修会、医療管理講習会、マナー講習会、保険講習会などを開催し、地域の歯科医院、歯科医師、歯科衛生士の技術と質の向上に、会員一丸となり頑張っています。

 災害等の対応として、救急医療の知識向上、トリアージの研修などを行い、歯科でしかできない身元確認作業なども行政・警察と協力しながら行っております。

 浅草歯科医師会は、地元の医師会・薬剤師会などと連携をとり、区民の健康な生活を支えながら、地域の発展向上に協力してゆきます。

▼ トピックス