Topics

オーラルフレイル

更新日:

オーラルフレイルとは

オーラルフレイルとは加齢による衰えのひとつで、 “口”に関連する機能が低下しつつある状態のことを指します。
オーラルフレイルという概念は、2014年に 厚生労働省による老人保健健康増進等事業 の中で提唱されましたが、医学的な病名では なく、加齢による生理的な変化であるとも いえます。

主な症状

加齢により物を噛んだり飲み込んだりする機能が徐々に低下・・・具体的には、食べこぼし、嚥下時のわずかなむせ、噛めない食品の増加、滑舌の悪化等が生じ・・・し結果、食欲の低下や食べられるものの種類が減少する等の状態を引き起こします。

オーラルフレイルの状態にあるか否かを調べるには、残存歯数、咀嚼そしゃく能力、舌の動きと力、飲み込み、唾液分泌などの状態の評価が必要で、これらの状態がよくない場合には口腔機能低下症という病名で、歯科医院にて対応ができます。
オーラルフレイルに対してはさらなる口腔機能低下を予防するため、歯周病や虫歯の治療を行い、残存歯数を維持することが大切です。
また、口腔機能を改善するには唾液分泌を促したり、咀嚼や嚥下に必要な筋肉を鍛えたりする“口腔体操”を取り入れていくことも必要です。
オーラルフレイルが疑われる症状が見られたときは、放置せずにできるだけ早く歯科医院などに相談し、さらなる口腔機能の低下を予防することが大切です。



歯医医師になるためには?

更新日:

歯科学部について

歯科医師になるためには、大学の歯学部を卒業して、歯科医師国家試験に合格する必要があります。 大学歯学部に入学するには、高校卒業もしくはそれと同等以上の学力が認められていることが必要ですが、 一般的な大学への入学要件と差はありません。 歯学部は6年制で、全国に29学部あり、国立が11学部、公立が1学部、私立が17学部です。 2大学が歯学部を2つ持っているため、全27大学29学部で、2020年度の全国の歯学部入学定員は、2,696人、募集人員は2,473人でした。



予防歯科

更新日:

予防歯科とは

虫歯になってから治療をすると時間がかかることが多く、一年近くかかってしまうこともあります。
また、神経を抜くような大掛かりなちりょうならそれ一本で数ヶ月もかかってしまうこともあります。
そんな状態にならないようにするためには、虫歯の予防が欠かせません。
たとえば正しい歯磨きの方法によって日ごろのケアを万全なのもにしたり、歯のクリーニングにより歯石など歯磨きで落とせない汚れを除去することで虫歯の予防を行うことができます。

いつまでも健康な自分の歯で過ごしたい、誰もがそう思っているはずです。そのための歯の磨き方や食生活、生活習慣やフッ素の利用など、様々なアプローチで虫歯・歯周病を予防します。痛くなってから歯科へ行くのではなく、日頃からの予防を心がけましょう。



小児歯科

更新日:

小児歯科とは

お子様の健康な歯を維持することにより健全な発育をサポートするための歯科治療全般をいいます。 

乳歯のときに虫歯のまま放置してしまうと、質の弱い永久歯が生えてしまうことがあります。また、乳歯や、生えてきたばかりの永久歯は虫歯菌への抵抗力が弱いので、定期的に歯科検診を受けられることをお勧めします。

虫歯と歯並びの関係乳歯は永久歯の生えてくる場所を確保する役目もあります。
乳歯が虫歯になると、歯並びが悪くなります。結果、永久歯にも影響を及ぼし、虫歯になりやすいお口になってしまいます。

「歯医者を嫌がるのでは」と不安と思われていても 治療を嫌がるお子様に悩まれる保護者の方は多いと思います。


時間や回数はかかってしまうかもしれませんが、お互いの信頼関係を築いてから治療にあたります。
一緒に来られる保護者の方も根気がいりますが、あせらずゆっくりと見守ってあげてください。


虫歯の治療を通して、お子様自らが自身の頑張りにより治療を成し遂げたという達成感を育みます。歯を削る恐怖、痛みに少しずつ慣れていけるように段階を踏んだ治療を行います。虫歯治療をとおして、お子様の成長を実感してください。



顎義歯

更新日:

顎義歯とは

口の中や顎に残った傷(欠損)を人工的に補填。

怪我や炎症、あるいは腫瘍の切除手術などが原因で、口の中や顎に大きく傷が遺ることがあります。この傷(欠損)の部位や大きさによっては、噛むこと(咀嚼)、飲み込むこと(嚥下)、あるいは話すこと(発音・構音)などに機能障害を生じます。この傷を人工的に補填し、機能を改善するための特殊な入れ歯(義歯)を、顎義歯あるいは顎補綴(がくほてつ)装置といいます。




更新日:

顎義歯の補綴例

顎義歯は通常の入れ歯(義歯)よりも大きく、また口の形態が不整形のため、顎義歯の維持・安定は難しいことが多いです。維持・安定の向上のために、最近ではインプラントが用いられることがあります。

ところで、機能回復のためにはこれら顎義歯を作製し装着するだけでなく、積極的な機能訓練(リハビリテーション)が必要です。とくに舌やのどの奥(軟口蓋)に運動障害が遺る場合、いろいろな補助装置や訓練装置を用いて、専門的訓練を行うことがあります。




更新日:

舌切除の場合の顎補綴(がくほてつ)例

また、顎義歯と同様、顔面に残った傷を人工的に補うこともできます。部分的なお面のような装置で、エピテーゼといいます(写真13)。主要な材料はシリコーン樹脂です。エピテーゼの固定はとても難しいため、最近では固定にインプラントが応用されることがあります。 これらの装置は総称して顎顔面補綴(ほてつ)(装置)といいます。この顎顔面補綴(ほてつ)治療は一般歯科医院では行っていないことが多いので、関心のある方は大学病院歯科(補綴(ほてつ)科)などへご相談下さい。



ホワイトニング

更新日:

ホワイトニングとは

着色・変色によってくすんだ歯を、白い歯に戻すこと
処置方法
原因 着色 嗜好品(コーヒー、タバコ) 薬剤(銀化合物、カドミウム、鉄など) 変色 加齢 う触(むし歯) 治療後の歯牙や材料の変色 全身疾患 ・先天性疾患(エナメル・形質形成不全、梅毒など)・薬剤などの副作用(フッ素、テトラサイクリンなど)・伝染性疾患(発疹チフス、コレラなど) 処理法




更新日:

ホワイトニング 処置

クリーニング
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)プロ(歯科衛生士)による専門器具を使った歯磨き
ブリーチング(漂白)
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning.)歯を削らずに漂白することで、歯を白くする方法

充填処置
歯の実質欠陥部に白い材料の詰め物をする方法

補綴処置
歯の部分もしくは全体に白い冠をかぶせる方法
ラミネートベニア
クラウン



歯科診療科目・補綴について

更新日:

インプラントとは

金属を埋め込んだ人工歯根の上に人工の歯をつくる。 人工歯根とも呼ばれ、歯がなくなったところの骨に主にチタンなどの金属を埋め込み、その上に人工の歯を作る方法です。インプラントの埋め込みには外科手術が、また骨としっかりくっつくためには期間が必要です。顎の骨の量が十分にあること、骨の質に問題がないこと、骨粗鬆症や糖尿病などの全身的な問題がないことが前提になります。




更新日:

部分入れ歯の代わりのインプラント

これまでの治療では歯がなくなった場合、主として部分入れ歯が入れられてきました。しかし、部分入れ歯ではばねで歯に固定するため、入れ歯が動く、口の中が変、食事が旨くないなどの訴える方もおられます。インプラントは、差し歯と同じように骨に埋め込んだインプラントに冠をかぶせるため、自分の歯と同じように食事をすることができます。





更新日:

総入れ歯とは

上顎または下顎の歯をすべて失った場合の入れ歯。
人間の歯は、親知らず(第3大臼歯)を含めると、上下左右全部で32本あります。これらが何らかの原因で抜けていき、歯が1本も無い人を無歯顎者と呼びます。
無歯顎者が食べたり話したりする機能を回復するために、口の中へ入れる人工の装置を総入れ歯と呼びます。総入れ歯を装着することによって、QOLが向上します。




更新日:

治療方法

  1. 口腔内診査:医療面接

    まず、最初に口の中の診査を行い、どのような方法で入れ歯を作るのが良いかを調べ、治療の予定をたてます。簡単な型採りをすることもあり。

  2. 型採り:印象採得

    トレーと呼ばれる、枠を用いてお口の中の精密な型採りを行います。時間のかかる作業です。

  3. 噛み合わせの記録:咬合採得

    咬合床(こうごうしょう)と呼ばれるロウで出来た器材を使って、上下の噛み合わせを採ります。上下・前後・左右の高さを決めるわけです。

  4. 試し入れ:試適

    ロウで出来た入れ歯を口の中に入れて、歯の色や形、並び具合や噛み合わせ等をチェックします。

  5. 完成:装着

    出来上がった入れ歯を調整し、口に入れます。この後、調整期間に入ります。





更新日:

総入れ歯の種類

総入れ歯は、歯ぐきを作る材料によって大きく2つに分けられます.レジンと呼ばれるプラスチックの樹脂で出来たもの(健康保険適用)と、チタン等の金属で出来たもの(一部保険からの負担あり)です。金属の入れ歯は、薄く温度感覚に優れているので、装着感が良好です。また、壊れにくいという特徴もあります。




更新日:

金属床(きんぞくしょう) レジン床(しょう) 造った後の注意事項

痛いところがあれば、来院時に調整を行います。 難しい顎の場合にはかなりの回数通ってもらうこともあります。
新しい道具(入れ歯)に慣れるまではどうしても時間がかかりますので、 はじめから何でも食べられるというわけにはなかなかいきません。



更新日:

金属床(きんぞくしょう) レジン床(しょう) 造った後の注意事項 ②

また、新しい入れ歯に口の筋肉が戸惑ってしまって、変に緊張したりすると口元もおかしくなることがあります。1週間ほどは変化を観察しながら調整していくことが重要ですので、その間は柔らかい物や小さく切ったものを召し上がるようにして下さい。慣れてきたら徐々に堅い物や大きめのものを食べてみましょう。合わないからといってご自分で削ったり足したりすることは絶対にやめて下さい。入れ歯が台なしになってしまいます。調整は必ず先生にやってもらうようにしましょう。




更新日:

金属床(きんぞくしょう) レジン床(しょう) 造った後の注意事項 ③

食後は入れ歯の内面や外側に食べかすが溜まります。その食べカスをそのままにしておくと、細菌によって入れ歯の内側の歯ぐきが炎症をおこしてしまうので、原則として毎食後入れ歯をはずしてお掃除が必要です。入れ歯本体は歯磨き粉をつけずに水をかけながら歯ブラシや入れ歯用ブラシを使って食べかすを洗い流して下さい。入れ歯専用の歯磨き粉を使っても結構です。また、洗うときには入れ歯を落としても壊れないように、下に洗面器やボウルなどの容器に水をはっておきましょう。




更新日:

金属床(きんぞくしょう) レジン床(しょう) 造った後の注意事項 ④

寝る時は原則として、入れ歯をはずしてください。歯ぐきが休まらず「あたり」が出てしまう恐れがあります。また、その時は容器に水をいれて保管して下さい。入れ歯は乾燥すると変形、変色したり、ひび割れがおこることもあります。保管容器に市販の入れ歯洗浄剤を入れると、入れ歯の臭いや細菌、茶渋、タバコのヤニなどを落とすのに効果があります。





更新日:

ブリッジとは

両脇の歯を土台に、人工の歯を橋のように架ける

歯が1~2本なくなった場合、なくなった両脇の歯がしっかりしている時に、 両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のように架けるものをブリッジと言います。
歯の根(歯根)がしっかりしていれば、歯根に土台(金属などで製作します)をたてて、 冠をかぶせるために型をとり、ブリッジを造ってセメントでつけます。



更新日:

ブリッジとは(治療方法)

ブリッジの治療の流れは、おおよそ以下のようなものとなります。
1回目の治療では、口の中のおおよその型をとって、石膏模型を製作して、この模型の上で適切なブリッジの設計を考えます。
2回目には、無くなった歯の両脇の歯を削り、最終的な型をとり、かみ合わせを記録します。
3回目に、ブリッジが完成して、 口腔内でかみ合わせのかたちや最終調整の後にセメント(接着剤)でつけます。歯根のみが残っており、金属などで土台を製作しなければならない場合には 、土台のための治療(支台築造)が1回増えます。
さらに、複雑な場合や歯の色を検討しなければならない場合には、 完成する前に一度、試適というステップが入ります。
むし歯や歯周病の進行状態によっては、ブリッジができない場合もあり、その場合には取り外しのできる入れ歯などを製作することがあります。

治療方法については、担当の歯科医師とよくご相談して下さい。




更新日:

ブリッジの治療費

ブリッジの治療には、保険診療と保険が適用されない保険外診療があります。
保険診療の場合には、保険で決められている材料を使用します。保険外診療の場合には、そのような制限はありません。
例えば、歯の色をつくる材料としては、保険では樹脂材料(コンポジットレジン)を用いますが、 保険外ではセラミックス(陶器)を用いることができます。





更新日:

部分入れ歯とは

幾本かなくなった歯やなくなった骨の一部を補い、形態や見た目の不良を回復するための入れ歯。
部分入れ歯は、生まれつき歯が少なくて隙間が広く開いていたり、むし歯や歯周病、あるいは事故、 手術などで歯や骨の一部がなくなった場合、そのなくなったところを補う装置のことです。
これによって、形態や見た目の不良を回復し、食事やしゃべりやすさを改善します。




更新日:

部分入れ歯の治療方法

この入れ歯の治療手順は総入れ歯の手順とほぼ同様です(総入れ歯の制作手順をみて下さい)。
しかし、残っている歯にむし歯や歯周病がある場合には、まずその治療を先に行ってから部分入れ歯の治療に入ります。




更新日:

部分入れ歯の適応

1~2本の歯がなくなった場合には、両脇の歯を支えとして、異物感が少なく自然観のあるブリッジによる治療が可能ですが、 支えになる歯が片側にしかない場合や多数の歯が失われている場合、歯があった骨の部分が広い範囲で失われている場合は、部分入れ歯の治療の適応となります。
部分入れ歯はどうしても異物感があって馴染めないとか、入れ歯は嫌だといわれる方にはインプラントを選択することも可能です。




更新日:

部分入れ歯の構成

部分入れ歯は,患者さんが取りはずして手入れができるようになっていますが,食事中に沈み込んだり浮き上がったり,会話中にはずれてしまっては困ります。
そこで,入れ歯には残っている歯に引っかけるためのバネ(支台装置・しだいそうち)が組み込まれています。
そのほか,歯の抜けた部分に対してその歯の代わりをする人工歯(じんこうし), 歯の抜けた土手や歯ぐきを補うピンク色のプラスチックでできた義歯床(ぎししょう),歯の抜けた部分が離れたところに2ヶ所以上ある場合に両方をつなぎ入れ歯を一体化する連結子(れんけつし)などがあります。 これらにより、部分入れ歯はできています。




更新日:

部分入れ歯の治療費

保険適用と保険外適用の自費診療とに分かれます。 保険適用では、保険の種類、入れ歯の大部分を構成する「レジン床」と呼ばれるプラスチックの樹脂の種類、また歯の欠損数によっても費用は異なります。 保険外適用では金属の種類(金合金、特殊合金、チタン合金など)や歯の欠損数、また各診療所によっても費用は多少異なります。必ず、事前に説明を聞いて下さい




更新日:

入れ歯には"慣れ"が必要です。今までに入れ歯を使用されていた方は、新しい入れ歯になっても比較的スムーズに移行できます。
しかし、初めて入れ歯を使用される場合は、うまく使いこなすのにある程度の期間が必要です。
少しでも不具合な点があれば、早めに担当医を訪れるのが慣れへの近道です。


  部分入れ歯はある一定方向からしか口の中に入れることができません。適当に無理矢理押し込もうとするとバネが変形したり、折れたりします。
噛んで入れ歯を押し込むようなことはせず、指を使って確実に支えの歯に合わせるようにして下さい。はずす際には、バネの部分に爪を引っかければ比較的楽に行えます。

入れ歯は、寝るときにははずすようにしましょう。ただし、かみ合わせの状況によっては、 夜間も入れ歯が必要な場合もあるので、担当医の指示に従って下さい。はずした入れ歯は、コップやプラスチック容器などに入れ歯洗浄剤を入れて、その中に保存して下さい。




更新日:

部分入れ歯の手入れ

入れ歯を清掃する際には、誤って落としても壊れないように洗面器に水を少し張り、その上で行います。
専用の入れ歯用ブラシを用いると効果的に清掃できます(写真13、14)。ただし、歯磨き剤は使用しないでください。
毎日、入れ歯洗浄剤を用いると洗浄効果が高まります。必ず先にブラシで汚れを取り除いてから、この洗浄液につけるようにしましょう。

部分入れ歯の場合にはバネのかかっている歯、残っている歯の周り、入れ歯との境目にプラークがたまりやすいので注意して磨きましょう(写真15、16)。

最後に
入れ歯を入れたら、半年に1度は担当医を訪れて、入れ歯や残っている歯の定期的なチェックをしてもらいましょう。
患者さんご自身では気付かなくても、専門家の目からは調整、修理が必要な箇所が見つかる場合があります。いつまでも健康な口腔環境と、快適な食生活を保つ秘訣です。





更新日:

クラウンの手入れ

クラウンは他の自分の歯と同じように歯磨きやフロスにより手入れします。
クラウン自体は金属やセラミックスなのでむし歯になりませんが、 クラウンと隣の歯の間や、クラウンの縁の部分にプラーク(細菌のかたまり)が たまるとそこからむし歯や歯周病の原因となります。




歯科診療科目・補綴/クラウンの種類

更新日:

ジャケット冠

金属を全くあるいはほとんど使わずに、歯と同じ色の硬質レジン、セラミックス、 ハイブリッド型レジンのみで冠を作り、金属色をまったく見せずにより審美的に修復する方法。
セラミックスやハイブリッド型レジンは保険適用外。




更新日:

前装冠

金属冠の表から見える部分に歯と同じ色の硬質レジン(プラスチック)やセラミックス(陶器)、ハイブリッド型レジン(プラスチックとセラミックスの複合材料 )などをはり付けることで、金属冠よりも審美的な修復を行う方法。主に前歯に用いられるが、奥歯でも最近は頻繁に用いられるようになっています。
セラミックスやハイブリッド型レジンは保険の適用外です。
硬質レジンは切歯や犬歯までは保険が適用されます。




更新日:

金属冠

主に奥歯の場合に用いられる。金銀パラジウム合金(金パラ)や金合金、白金加金といった金属を鋳造して歯の形に修復する方法。金合金や白金加金などは保険の適用はできません。



歯科診療科目・補綴

更新日:

歯根に金属の芯を挿し込んで人工の歯をつくります。
歯は歯ぐきの中にある根の部分(歯根)と口の中に出ている頭の部分(歯冠)に分けられます。皆さんがむし歯になり、歯がぼろぼろになったと気がつくのは、この歯冠が無くなるからです。歯冠がぼろぼろでも歯根がしっかりしていれば、クラウンによる治療が受けられます。

治療方法


歯には神経(歯ずいともいいます)が通っていますが、むし歯が神経まで達してしまい、歯冠がぼろぼろになった場合、その虫の食っている部分を削り取り、神経をとって薬でしっかり治療します。
そのあとに、歯根の部分を利用して金属などで土台を建てます。
そして、その土台の上に金属やセラミックス(陶器)で作った人工の歯冠(冠)をかぶせます。
つまり、根に金属の芯を挿し込んで歯を造るので、クラウンといわれるようになったのです。
むし歯が神経まで達していない場合は虫の食っている部分を削り、その上に直接冠をかぶせることになります。
むし歯が神経まで達した場合には、神経をとって薬でしっかり治療します。
経の治療をした歯(レントゲン写真・写真3)のむし歯になった歯冠の部分を削り取り、金属やプラスチックの土台を付け、形を整えてから、次に印象材という歯の型を取る材料を使い、型どりをします。
この型をもとに削った歯と同じ形の模型を作ります。その上でセラミックス(陶器)やプラスチック、金属を用いて冠を作ります。
この冠を金属の土台にセメント(接着剤)で付けます。




審美治療の種類

更新日:

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を削り、薄いセラミックを貼り付ける前歯に行う治療です。
ホワイトニングの効果が出にくい神経を抜いた歯を白くしたり、歯並びのわずかなすき間を整えたりといった目的で行います。
白く透明感のあるセラミックであるため、美しく自然な見た目に仕上がります。
また、クラウンなどと比べると歯を削る量が少ないため麻酔が必要ありません。短期間で治療が終わるのもメリットのひとつです。




更新日:

クリーニング

歯科医院で行う歯のクリーニングは、歯科医師や衛生士によって行われる専門的なものを指します。
歯の表面にこびりついた汚れ、歯と歯、歯と歯ぐきのすき間の汚れを専用の器具などで取り除きます。
日々のブラッシングでは取り除けない汚れを放置しておくと虫歯や歯周病の原因になってしまうため、 定期的に歯科医院でクリーニングを受けることが推奨されています。




更新日:

メタルボンド

メタルボンドは、虫歯で歯を大きく削った場合に被せるクラウン(被せ物)のひとつで、金属のフレームにセラミックを焼き付けているのが一番の特徴です。
金属フレームであるため耐久性が高く、強い力が加わる奥歯に適しています。
ただ内部が金属である分、見た目の透明感や色調はオールセラミッククラウンに劣り、 歯ぐきが痩せることで金属部分が見えたり、金属イオンが溶け出して歯が黒ずんで見えたりすることがあります。また、金属を使っているため金属アレルギーの方は使用できません。




更新日:

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンは、虫歯治療で歯を大きく削った場合に被せるセラミック(陶材)のクラウン(被せ物)で、差し歯とも呼ばれます。
保険治療で使われるレジン(プラスチック)や金属では見た目が不自然であったり、時間が経つにつれ変色や劣化が起きたりしてしまいますが、セラミックであれば天然歯と見間違うほどの美しく自然な見た目な仕上がりになります。

また耐久性にも優れており、しっかり噛めて適切なケアをすれば長く使い続けることができます。金属を一切使っていないため金属アレルギーの方でも安心です。




更新日:

ホワイトニング

ホワイトニングは、歯を白く美しくするための方法。
コーヒーや紅茶などによる歯の着色を、自分の歯を削ることなく安全に白くします。
専用のホワイトニング剤を歯に塗ることで少しずつ歯を白くします。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行えるホームホワイトニングがあります。



審美歯科とは

更新日:

一般的に審美歯科とは、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」 「よく噛めるようにする」といった機能的な側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の側面があります。
この両方を満たす、美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療です。
幼年期から青年期、老年期にかけ 、その年代にふさわしい口元の健康美を求めていくのが私たち日本審美歯科協会が考える審美歯科です。



歯科の専門医・認定医とは

更新日:

認定医や専門医や指導医といった言葉は各学会(例:日本歯周病学会・日本小児歯科学会など)がそれぞれのルールに基づいて、学会の会員に対して付与しているものです。

学会会員・登録医

まず「認定医」になるには、学会に所属する必要があります。学会はその専門によって多数の種類があります。そして年に数回、学術大会・講演会を開催するのが一般的です。こうした学会に所属している医師等を学会の「会員」、または「登録医」と言います。


認定医

学会により基準が異なりますが、一般的には学術大会・講演会への所属・出席歴、診療の経験年数、治療の実績や研究の発表、筆記・口頭試験等、様々な条件をクリアすることで、ようやく「認定医」になることができます。


専門医

「専門医」は「認定医」よりもさらに高度な知識や技術・経験をもつ医師などに対して認定・付与されるものです。当然のことながら、認定よりもさらに厳しい資格審査をクリアしなければなりません。


指導医

さらにこうした「認定医」「専門医」を指導する立場にあるのが「指導医」です。一般的には「専門医」であることが条件で、試験のほか、さらに長期にわたる学会の所属歴や診療経験の豊富 さが求められることもあります。(例:日本小児歯科学会は15年以上が条件)



歯科のレントゲン写真の種類と目的

更新日:

パノラマ

全ての歯を中心に、顎の全体を一度に撮影するものです。一枚の写真で歯の状態や、上下の顎の骨や顎の関節など、全体を大まかに把握することができます。

このレントゲン写真によって、今までどのような治療がされてきたのか、大きな虫歯は無いか、痛みはないが悪くなっていることころはないか、顎の関節に異常はないか、親知らずの有無や生え方、鼻の横にある上顎洞の異常の有無など、お口全体の様々な情報を得ることができます。
これによって治療を開始する前に、大切な診断をすることができます。また歯周病は本人も気付きにくく、気が付くと進行していることがあります。歯周病の治療をする際も、レントゲン写真で歯を支える骨がどのくらいあるかを確認することが、とても重要となります。 このようにお口全体を撮影するパノラマレントゲン写真は、自覚症状や外から見ただけでは確認できない情報を、豊富に写し出してくれます。
治療を始める前の検査や診断には、とても重要なものです。またお口の中の状態は年月と共に少しずつ変わっていく為、1年に1度程度はこのパノラマレントゲン写真を撮影し、定期的に悪い所がないのか検診を行うことをおすすめします。



デンタル

ある特定の部位を、パノラマよりも精密に撮影する時に用いるレントゲン写真です。お口の中に小さなフィルムを入れ、外側からX線を当てて撮影を行います。

1枚で2~3本の歯の状態を、詳しく知ることができます。特定の歯の虫歯の有無や、虫歯の大きさの確認、歯の根っこの周りが悪くなっていないか、折れていないか、歯を支える骨の状態を確認する場合に撮影を行います。また歯の神経を取ったり、感染した根っこの治療を行う際には、直接外から見えない所の治療を行う為、治療器具が根の先まで届いているのか、お薬が根の先までしっかり詰まっているか、根の先の炎症はどの程度かを、治療の各ステップ毎にレントゲン撮影を行って確認します。その為、適切な治療を行うために一日に数回デンタル撮影を行うことがあります。 パノラマやデンタルは、二次元的(平面的)にしかお口の中の状態を見ることができませんが、CTは三次元的(立体的)に見ることができます。



歯科のレントゲンとは

更新日:

お口の中の疾患は、直接肉眼で見ることのできない場所で起こっていることがほとんどです。 歯の中や歯と歯の間、詰め物やかぶせ物の下、歯茎の中の骨(歯槽骨)、さらにその中の歯の根っこの周りなどです。 このような外から肉眼で見ることのできない場所の状態を確認するために、レントゲン撮影は必要不可欠です。
具体的には次のようなことをレントゲン撮影で確認をしています。



虫歯の状態

虫歯の有無や進行状態、詰め物の下の虫歯の有無などが分かります。 レントゲン撮影を行うことによって、虫歯が見つかることが多くあります。

歯の根っこの状態

歯の根っこの中には、神経があります。レントゲン撮影を行うことにより、神経が残っているのか、神経に感染や炎症が起こっていないかを確認することができます。 また根っこが割れていないか、根っこの形態も確認できます。通常、歯茎で覆われて見えない歯の根っこの表面に歯石が付いている場合も、レントゲン撮影で確認できることがあります。

骨の状態

歯を支える骨(歯槽骨)は、歯周病が進むと溶けてきます。レントゲン撮影を行うと、 どこの歯槽骨がどれくらいなくなっているかを、確認することができます。顎の骨の中には太い神経と 血管が入っている太い管があります。その管と歯との位置関係を、レントゲン撮影で確認することにより、 安全な麻酔や抜歯を行うことができます。また、顎の骨の中にできた腫瘍や骨折などがないのかも確認できます。

顎の関節の状態

顎関節症など顎の関節に異常が生じると、顎の関節にズレや変形が生じることがあります。レントゲン撮影を行うと、顎の関節のズレや変形を確認することができます。

詰め物・かぶせ物の適合状態

詰め物、かぶせ物と歯との間に段差やすき間、虫歯がないかを確認することができます。



小田原市産などの梅を使用した「梅ジャムデニッシュ」発売!

更新日:

「曽我梅林」を中心に栽培、収穫された小田原市産などの「梅」を使用した商品を、 山崎製パン(株)・JAかながわ西湘・小田原市の3者の若手職員が連携して、共同開発しました!
うずまき形状のデニッシュをスライスし、 ミルクホイップと、梅のピューレ入りジャムをサンドした商品です。
期間限定、関東圏エリア・小田原市を中心としたヤマザキ商品取扱店舗で発売されます。


(小田原市ホームページ より)

小田原市のスマートシティサービスが始まりました

更新日:

混雑状況を表示するサービスの開始

市内の観光エリア等16箇所に、混雑状況を把握できるAIカメラを設置し、 市内7箇所に新たに設置したデジタルサイネージに表示するサービスを開始しました。
デジタルサイネージには、そのほかにも気象情報・災害(気象警報)情報や観光情報などが表示されます。
デジタルサイネージから観光情報等を入手いただくとともに、混雑を回避した快適な回遊を後押しします。
※カメラにより撮影した映像は、混雑状況の測定にのみ使用しており、 映像データは即座に削除され保存されません。



AIカメラ設置場所

  • 小田原駅東西自由連絡通路(アークロード)
  • 小田原駅前東通り商店街、小田原駅前商店会
  • お城通り商店会、お堀端通り商店街、錦通り商店街(2箇所)  
  • かまぼこ通り、HaRuNe小田原、ミナカ小田原(2箇所)
  •  観光交流センター、三の丸ホール、なりわい交流館   
  • TOTOCO小田原、鈴廣かまぼこの里(すずなり市場)  


デジタルサイネージ設置場所

  • HaRuNe小田原、ミナカ小田原、小田原城天守閣
  • 観光交流センター、なりわい交流館、TOTOCO小田原
  • 鈴廣かまぼこの里


(小田原市ホームページ より)

市民通報アプリ「おだわら忍報」 ※通報情報の公開を始めました!

更新日:

「道路や公園設備の損傷、不法投棄等に関する情報を、スマートフォン等から、写真や位置情報を添付して通報できる市民通報アプリ「おだわら忍報」の運用を令和4年12月1日から開始しました。

また、令和5年4月1日からは、危険箇所の共有を図るため、通報された情報をアプリ上で公開しています。
これにより、道路損傷による事故等を未然に防止するとともに、災害時にも活用し、安全安心に暮らせる社会を目指します。


(小田原市ホームページ より)

『曽我の梅干し』が文化庁の「100年フード」に認定されました!

更新日:

『曽我の梅干し』の歴史と魅力を次世代に継承し、さらなる普及を図るため、文化庁が実施する「100年フード」に応募したところ、「伝統の100年フード部門~江戸時代から続く郷土の料理~」に認定されました。


「100年フード」とは

「100年フード」とは、地域で受け継がれてきた食文化を、100年続く食文化「100年フード」と名付け、次の世代に継承していくことを目指す文化庁の取組です。  この取り組みは令和3年度が第1回目、令和4年度は第2回目となります。



(小田原市ホームページ より)

「キリン氷結+湘南潮彩(しおさい)レモン」の期間限定提供

更新日:

小田原の特産品であるJAかながわ西湘が取り扱う「湘南潮彩レモン」とキリン ビールのアルコール飲料「キリン氷結」とのコラボレーションにより、令和4年春 に小田原駅前東通り商店街で提供した「キリン氷結+湘南潮彩レモン」を規模を拡大して提供します。

提供期間

令和5年3月19日(日)~5月14日(日)

提供店舗

小田原駅前東通り商店街 小田原駅前お堀端商店街 小田原駅前お城通り商店会



(小田原市ホームページ より)

成人歯科健診について

更新日:

歯は、一生の宝物です。
歯を失う原因で最も多いのが歯周病です。日本人の80%が歯周病にかかっているといわれています。自覚症状に乏しく、歯茎の腫れや痛み・出血などが出たり引いたりを繰り返すため、気づいたときは進行していることが多いのが特徴です。
歯周病を含め歯のトラブル予防はまず歯磨きです。日頃からしっかり磨き、定期的に歯科健診をうけ、歯の健康を保ちましょう。


(小田原市ホームページ より)

第27回小田原かまぼこ桜まつり

更新日:

第27回小田原かまぼこ桜まつり【令和5年3月25日・26日】 小田原城址公園二の丸広場で「小田原かまぼこ桜まつり」が開催されます。 長い歴史と伝統を有する小田原蒲鉾は、地場産業として確固たる地位を築き、全国にその名を馳せています。その蒲鉾のさらなる発展を願いお祭りが始まってから今回で27回目を迎えます。 小田原の名産品「かまぼこ」の伝統の技と味をお楽しみください。

日時

令和5年3月25日(土)・26日(日)
午前10時00分~午後5時00分 ※小雨決行

場所

小田原城址公園二の丸広場




(小田原市ホームページ より)

小田原市のスマートシティ推進の一環として、MaaSのサービスが始まります!

更新日:

市では、総務省の「地域課題の解決のためのスマートシティ推進事業」の採択事業の取組みの一環として、MaaSのサービス(EMot)の導入をするとともに、自転車シェアリングサービスや電子チケットサービスなど、交通サービスや観光施設を便利にご利用頂けるサービスの導入を行います。

EMotアプリを利用することで、小田原市内目的地への経路検索(※)や、小田急線の特急券や観光フリーパスの検索・予約・決済、小田原城などの観光施設の電子チケットの購入をシームレスに行うことができ、小田原市内を便利に移動できるようになります。
※電車、バス、タクシー、シェアサイクルといった移動手段を効率的に組み合わせた経路案内をします。

また、例えば市民の皆様のお出かけや、観光客の皆様が小田原駅を降りた後の「足」として活用できる、市が導入した電動アシスト付き自転車のシェアリングサービス(「HELLO CYCLING」)とも連携し、EMotアプリを通じて自転車の貸出・返却ステーションの確認も可能となります。

市民の皆様、観光客の皆様におかれましては、ぜひEMotアプリを利用し、便利な移動をご体験ください。

サービス本格稼働日

令和5年3月2日(木)




(小田原市ホームページ より)

自転車のシェアリングサービスの開始

更新日:

小田原市内で自転車のシェアリングサービスを開始しました。

開始日

2月8日(水)

自転車のステーション場所

  • 小田原駅東通り商店街先(東通り入口信号を渡ってすぐ)
  • 小田原宿なりわい交流館(本町3-6-23)
  • 小田原城三の丸売店( 南町1-1-40)
  • 小田原市役所(荻窪300)
  • 漁港の駅TOTOCO小田原(早川1-28)
  • 箱根板橋駅前(板橋150-2)
  • 鈴廣かまぼこの里(風祭245)


(小田原市ホームページ より)



TOP