大阪 審美(ホワイトニング) 矯正 インプラント



インプラントとは?

インプラントは歯の代わりとなるように歯がないところに人工の歯根(チタンという金属)を埋め、その上に人工の歯をつける治療です。

1952年にスウェーデンのブローネマルク博士がオッセオインテグレーション(骨結合)を発見し、チタンが骨組織と特殊な方法で結合する過程が明らかにされ、これが現在のインプラントの基本になっております。

インプラントは自由診療の為、健康保険(国民健康保険や社会保険)は使うことができません。



入れ歯とインプラント

ご自身の歯が無くなると共に、あごの骨が退化してしまいます。
もし入れ歯を入れた場合は、あごの骨も退化が進み、いずれ無くなってしまうことになります。
しかし、インプラント治療の場合は、あごの骨の退化を止める事ができます。


ブリッジとインプラント

隣り合わせの歯が健康で何も問題ない場合インプラントをお勧めします。インプラントの一番良い点は欠損(歯の抜けている所)部位単独で固定した歯を作れるということです。周りの歯に問題が沢山ある場合はそれと関連付けて治療する必要もあります。



リンク集サイトマップ