青森 津軽 歯科 ホワイトニング レーザー治療

O−リングテスト

O−リングテスト

生体情報を感知する検査手技
 正式には、バイ・ディジタルO−リングテスト(Bi-Digital O-Ring Test;略称:BDORT)と言います。バイ・ディジタルO−リングテスト(BDORT)とは、筋の緊張(トーヌス)を利用して生体情報を感知する検査手技のことです。「生体そのものが極めて敏感なセンサーで、毒物を近づけたり、体に合わない薬剤を手に持たせたりすると、筋の緊張は低下し、逆に有効な薬剤では緊張が良好に保たれる」という原理に基づいています。
BDORTは、ニューヨーク在住の医師大村恵昭博士が1977年くらいに考案した方法で、最初の論文が発表されたのが1981年です。

脳は、いろんな体の部位に指令を出しています。
脳は、神経系や免疫系などのネットワークを通じて体内の様々な情報を収集し、すばやく処理し、いろんな体の部位に指令を出しています。そして、手の指は、脳の働きと直結していて、脳の判断を精密に具体化できる部位でもあります。

 BDORTは、指で作った輪が開きやすいかどうかで病気の有無をはじめ、薬の有効性などが調べられる画期的な診断及び治療法です。
西洋医学的にみると、「指の開き具合で病気がわかる」というのはなかなか信じられないかもしれませんが、東洋医学の深い知恵に基づき、科学的根拠と実験によって開発されてきた新しい医療です。

歯科治療へのBDORTの応用としては、
・どの歯が痛みの原因かの診断
・使う薬の適合と適量の診断
・詰め物や冠などの体に合う歯科材料の選択(金属アレルギー等)
・かみ合わせの診断
・歯と全身疾患との関連の診断
などができます

│   TOP   │   HOME   │